思念伝達

思念伝達の方法、思念伝達のメール鑑定、思念伝達の効果、思念伝達のやり方、思念伝達の有名占い師などについて解説

*


「思念伝達」という言葉を聞いたことはありますか?
ちょっと馴染みがないという方は「テレパシー」を想像すれば理解しやすいと思います。
自分の「念」を相手に送ることで、自分の願いや思いを相手に届けることが思念伝達の目的です。

「そんな能力は人間にあるの?」と批判的に捉える方もいると思いますが、人間には誰にでも潜在的に備わっています。
好きだと思うと相手も好意的に接してくれることがありますよね。
「あの人は苦手」と思うと相手もどこかよそよそしいということがあります。
「あの人にしばらく会ってないけどどうしてるかな?」と思っていたら、急に連絡が来たということもあります。
それらは全て念の力によるものです。

その能力をさらに養い、正しく習得した念能力の高い専門家があなたの念を相手に送ってくれるのです。

マイナスの念は身を滅ぼす

人には様々な念があります。
好きな人に自分の思いを伝えたい、彼と親しくしたいという好意的な念もあれば、彼に近づく女性に嫉妬して、その女性を攻撃するために使う憎しみから発生するマイナスの念です。
マイナスの念に代表されるのが「藁人形」ですが、このような念を「邪念」と呼びます。
これは他人に向けるものではなく、向けたことで自分の身を滅ぼすことにも繋がります。
「人を呪わば墓二つ」と言われる由縁はここにあります。

思念伝授は正しく使ってこそ効果を発揮するので、利用する前にまずこれだけは理解しておきましょう。

口下手なあなたにぴったり

溢れる思いを言葉に出すのがもどかしいくらい彼のことを強く思っている女性こそ、思念伝授が一番ぴったりです。
言葉にするのがもどかしいくらい強い念があるのなら、その思いをそのまま伝えた方が彼の心に響きます。
愛情をベースにした念はダイレクトに相手に届きます。
まずは思念伝授であなたの気持ちを届けることが最初の一歩です。

思念伝授の次のステップ

思念伝授を利用からといって何もしなくていいというわけではありません。
あなたが具体的に彼に対して行動を起こす番です。

心の中で「好き」という思いを強く持ち、彼に好意的にアプローチしていくのが次のステップです。
好意は相手の五感全てに届きますから、彼もあなたに好意を寄せてきます。

恋愛は心でするものです。
彼の心をゲットしたいと思うのなら、彼の心に直接念を送ることができる思念伝授を利用するのが一番です。
片思いで悩んでいる方こそ上手に活用してみてはいかがでしょうか。

おすすめの占い師は無料タロット占いミーを運営しているミー先生。
是非、アクセスして下さいね。
>>無料タロット占いミー

思念伝達で大好きな彼に振り向いてもらえる!

女性であれば追いかけたい。
恋愛にそんな理想を掲げる女性も少なくないはずです。
あなたもその一人なのではないでしょうか?
追う恋って必ずしも成功するものばかりではないですよね?
もうこれで追う恋は終わりにしようって何度も考えてはまた恋に落ちてしまう。
そんな辛い恋の繰り返しだっていうことも珍しくないのではないでしょうか。

追う恋を成功させる

追う恋が辛いというのはもう終わりにしようと思います。
ではどうやって?
それは追う恋を成功させるのです。
相手に思念伝達することで相手に振り向いてもらうのです。
これで両想いになって相手のほうがあなたへより多くの愛情を注いでくれるようになれば追う恋を成功させることができます。

成功させる方法

成功させるには思念伝達を使います。
これを使うことによって、あなたの気持ちを言葉なしに相手に届け、相手もあなたが気になる存在になってくるのを待ちます。
それによって、両想いになり、相手があなたのことが気になって仕方なくなることでしょう。

思念伝達とは

思念伝達は、だれもが生まれながらに備えている能力です。
相手がどこにいたとしても、こちらの気持ちを伝えることができるのです。
そればかりか、相手の気持ちをメッセージとして受け取ることもできるのです。
まずはリラックスできる場所で深く腰を下ろして座りましょう。
目を閉じて、相手の顔や声を思いうかべてそのままイメージを持続させます。
相手が目の前に現れた気持ちになるまで集中し、具体的に伝えたい言葉を強く心の中に思ってください。
この時、なるべく具体的なのがいいです。
○月○日何時に○○で会いましょう。など。
驚くことにこのことが相手に伝わっているのです。

思念伝達が終わったら

しばらくしたら同じように深く腰掛けて深呼吸した後、相手の存在を想像してみてください。相手のメッセージを受け取れると思います。

これで相手との意思の疎通が会うことなしに可能なのです。
良いメッセージを受け取ったらこっちのものです。
もうあなたと相手はつながっています。